銀座まんがまつり

👖明日から天気が悪い&寒いと言う事で今日は久し振りに外出してきました。出かける前に衣替えをして、夏物をしまってカーディガンやら冬用パジャマやらを出しました。早速今夜から着ようっと。

 

わんわん忠臣蔵ポスター

 

どこへ行ったかというと銀座の東映で『わんわん忠臣蔵』という1963年(!生まれてないw)のアニメ映画を見てきました。日本アニメの黎明期の名作で、『ホルス』とか『白蛇伝』はTVで見たことあるんだけどこれは記憶に無く、動物のキャラクターデザインが可愛いのでこれに決定。

見たい映画は幾つかあるんだけどまだ始まってないのよね。スタジオライカの『ミッシング・リンク』と、カトゥーン・サルーンの『ウルフウォーカー』の二つは絶対見に行きたいなーと思ってます。凄いクオリティで人形を動かすライカと、2Dにこだわって絵本が動いているみたいな美しいサルーン、両方とも今一番素晴らしいアニメ映画を作るスタジオだと思います。
話がそれました。大きな劇場に私より年上と思われるオジサマ方数人で独占状態。人入ってないのに何で座席を決めさせるんだろうと思ったら、多分ピンポイントで消毒作業をするためでしょうね。(ガンバレ映画館!!👊)

映像はリマスターしてあるのでとても綺麗。オープニングに載ってるスタッフ名が少ない!👀 この人数で80分ものアニメ映画作るとは!もちろん全部手作業。線のトレースさえも!ふぅ・・・💨。(『なつぞら』で有名になった奥山さんの名前もありました) ギャグシーンの動きなんかは『トムとジェリー』まるぱくりwな所もあったけど、どのシーンも心を込めて描いてるんだなーと思えます。そして動物のキャラクターが全部可愛い!😍はっきりした事は分からないけど、大好きな森康二さんが描いてるのかな?特にぬき太(たぬき)が動き含めてめちゃ可愛い!💓 森さんの描く動物はどれもみな可愛いなぁ。一番有名なのは『ハイジ』かな?ヨーゼフののったり感が凄い好き。ああいう貯めのある動きって最近は見かけない気がする。。。
内容は忠臣蔵をタイトル付けしてることからも分かるように、敵討ち(ただし母親の)がテーマ。敵役の大きな虎の名前はキラー。子供が入り込みやすいように後半は動物園や遊園地が対決の舞台です。当時はそんなものなのかもしれないけど全体の色味が暗いので、カラフルなアニメに慣れた現代の子供には陰気な物語に見えるかも。よく動いて元気のいい、いかにも東映!って感じの作品でした。😚

 

外に出ると雨が降ってました。天気予報を無視した私は傘を持っておらず。でも大した雨でもなかったのでそのまま松屋銀座へ。ここで開催中の『ムーミンコミックス展』が二つ目の目的です。

ムーミンコミックスは誰でも知ってると思うけど、実は新聞連載中に原作者のトーヴェ・ヤンソンから弟のラルス・ヨンソンに描き手が代わっているのです。途中でトーヴェがマンガのネタに煮詰まってしまって弟の手を借りるようになり、その後完全にバトンタッチ。細かい差についてはあまり気に留めず作品を読んでいたけど、今回ラルスの方にスポットが当たった展覧会と言う事で見に行ってみました。
展示はラフと原画が一緒にずらーっと並んでいて、みんなじっくり見るから全部見るのに結構時間が掛かりました。そして分かったのは、やはりトーヴェはアーティストとして描いていたのねと言う事。完璧主義者なんでしょうね。線も美しいし、非常に細かく設定していて納得いくまでやり直しながら描いてたようです。(そりゃ途中で煮詰まるわ)

ラルスが一人で描いていた連載後半は、絵のクォリティは下がってるし、内容は大人向けで倫理を討論するようなものだったりして、正直つまらなかったです😓。絵がいまいちだからか(かわいいシーンが少ない)、展覧会用のグッズもいまいち。購買欲そそられない!!残念・・・(そしてホッ 無駄な出費しないで済んだからw😁)グッズ売り場の半分は展示関係なく色んな物が売ってたので女性陣が買いまくってましたよ。ムーミン好きは比較的年齢層高めなので、グッズも高額設定なのよね〜。


帰り道、雨は降り続いていたけど傘を買うまでも無い程度なので、自転車でダッシュして帰りました。多分風邪は引いてない・・・はず。   ⛄

| 22:04 | 映画 | comments(0) |
『ひつじのショーン』の映画観てきました

😀スーもダンナも仕事に出かけて、ようやく2020年がちゃんと始まったかな…という月曜日。やる事は色々あったんですが、映画見に行ってきました。と言うのも、ムビチケが当たったんですが映画が始まったのが12月の半ばで、そこから年末までは怒涛の忙しさじゃないですか😵💦。ようやくお正月になったけど、日光に行ったりなんだりかんだりで見に行けないまま、調べてみると今週でそろそろ上映も終わりらしい!!やばい!!😱 一番近場のシネコンは朝8時半と15時半からの上映しかなく、午前中にあれこれ片付けてからバスで出かけました。


🐑『ひつじのショーン UFOフィーバー!』というタイトルから分かる通り、今回はあの騒がしい農場にUFOがやって来て、迷子になった宇宙人を帰すというのが大筋です。うん、大体ストーリーは読めるね!😆 でもいいのです。ショーンのアニメは小さな子供向けなので、驚いたり感心するような新機軸の展開なんて求めてません。どれだけおバカなことして笑わせてくれるか、それがただひたすら楽しいだけ。小さな子供にはかわいい宇宙人とショーンの交流のほのぼのを、そして大人はあれこれぶち込まれた数々のSF映画のパロディを発見して、くすくす笑うというのが正しい楽しみ方ですネ。👍
最初に光り輝くUFOがイギリスの片田舎にしずしずと降りてきます。ハイハイ『未知との遭遇』ねw その後の流れは当然『E.T.』です。トースターから飛び出てる焦げた食パンを下からパーンしてあの名曲が流れ、モノリス・・・w UFOをつけ狙う女の人は『MEN IN BLACK』かな?彼女の子分ロボットは『ウォーリー』・・・  そんな感じで、いつものようにちょっとブラックで洒落が利いてるアードマンスタジオの楽しい映画でした👏🤩。やっぱりイギリス伝統のストップモーションアニメはサイコーです!!👍『きかんしゃトーマス』も新しい『ムーミン』のアニメ(イギリス製)もCGになっちゃって全然味気ない。そうそう、イギリスじゃないけど『ピングー』もCGになってダメになったと思います。動きが軽いんだよねぇ・・・💧。

人間は質量があるじゃないですか?人形アニメはそれに近くて、それなりの質量を感じるし、よっこらよっこら動いてる感じが生き物らしく見えて愛らしいけど、CGがいくらリアルでも軽さを隠せなくて心に響かないの・・・。(個人的な意見です😁) ディズニーやアメリカのスタジオが沢山CGアニメの映画を作ってるけど、沁みだす薄っぺらさを隠さないといけないから、ストーリーは複雑だし、色がカラフル過ぎて脳の処理が追っつかない。特に子供向けならストーリーを複雑にしたりキャラクターの可愛さでごまかさないで、動きの面白さやキャラクターを存在してるように描けるかどうかに執着して欲しいなぁ。。。。(動いてる様子がめちゃくちゃ面白いからミニオンシリーズはCGだけど大好きです😘!!)
そうそう、アードマンスタジオらしいこだわりを感じたのが、最初にUFOと遭遇するおじいさんの髪の毛が、前から見ると普通なのに、転んだ時にてっぺんが見えて薄くなってるとこ!🤣 わざわざ(笑) おじいさんの愛犬が凄くブサいし、出てくるSFオタクの格好のリアルさとか、そういう、観客のご機嫌取りをしないとこがイギリスぽくて好きです!それとエンディングの曲が80年代風テクノチューンなんだけど微妙にテーマ曲の口笛のメロディがサンプリングされててオシャレ!👌 後ろの席の子供も気が付いて歌ってました!   ⛄

| 20:46 | 映画 | comments(0) |
2本立てに挑戦w

🎬ようやく時間の余裕が出来たので久し振りに映画でも見ようかな〜と思ったけど、特にこれ見たい!!というのが無く、何となく気になってた2本をダブルヘッダーで見てきました😊。その2本はどっちにしようか決めかねたのと、同じ映画館で30分後に次のが始まるタイミングのスケジュールだったので強行してしまいましたw。でも昔は2本立てとか普通にあったよね。アイドル映画とかアニメなんて大抵2本立てだったし、1回映画館に入っちゃえば2回見ようが3回見ようが(そんな元気は無いけど)問題無かったのです。今は完全に席を決められるからそれは無理だけど。

 

という訳で昔に戻った気分で1本目『見えない目撃者』を9時半から。目が見えない女性と高校生が誘拐された女子高生を探す話です。非常にテンポが良く、無駄なカットがほとんどありませんでした。主演の吉岡里帆さんも凄い熱演だったし(目が見えない役のせいかどんどん寄り目になって行くのが気になったヨ!👀)役者さんたちも気合が入っていて映像も凝り過ぎずで良かったです。
所々都合が良すぎるエピソードとか有ったけどまあいい🤔として、山場で刑事さんに車で待ってろと言われたのに、残虐な犯人のアジトに盲目の女性と高校生男子の二人で忍び込むシーンは『こらこらこらー!😫💦それじゃあまるで、アメリカのB級ホラー映画のわざわざ罠にはまりに行くカップルやん!ここまでリアルに描いてきてそれは・・・💧』と頭を抱えました。あとエンディングシーンがお墓に報告という場面だったので、いきなり2時間ドラマ感満載になってしまって、もうちょっと考えて欲しかったわ。。。😓全体的に良く出来ていたけど、あまりにもグロい💀のでTVでは放送できないでしょうね・・・・。前から『この人目が怖い・・・』と思っていた俳優さんが犯人役で、ハマり過ぎてて更に彼の事怖くなってしまいました!!😱

 

お昼は買ってきておいたパンをイートインエリアで食べました。2本目は『台風家族』です。これも最初は見るつもりなかったんだけど、意外と評判がいいので。草くん主演(&今人気の中村倫也くん)のせいか、満席に近かったのでは?
しかしこっちは完全によくある日本のB級映画のレベルで、自主製作のような貧乏くささというか、ぬるい雰囲気からずっと抜け出せ無いまま物語は進み、ポイントとなる意外性もあっさりしたものでびっくりもせず😰。役者さん(特に尾野真千子さん)の無駄遣いに胸が痛くなりました。しかし私の隣の女性が途中からえぐえぐ💦と泣き出したので、もしかしたら私が斜めに見過ぎなのかもしれません!そのきらいがあるのは自覚してます(笑)。
ラストシーンはまたまたこれもよくある、海辺でみんなが感情を爆発させるシーン。うーーーーーん。時代は令和だよ?昭和な演出は平成に置いてきて欲しい・・・。😓監督にしても脚本家にしても新しい領域に踏み込む気概が無いなら創るの止めた方が良いと思うな。。。。えらい辛口になってしまいましたが、この作品に関わらずもっと新しいものが見たいと常々思っているのです。そのためにお金を払ってるのですから。

 

映画のダブルヘッダーとか若返った気分で、腰をナデナデしつつ帰路に着きました。たまにはこんな休日もいいもんです。   ⛄

 

| 21:35 | 映画 | comments(0) |
『TOY STORY 4』観てきました
😚 仕事の方は一息ついてちょっとだけ時間ができました。ラフを送って、返事待ちTIMEに入ったので速攻でソーイングでちょっとしたもの作って気分スッキリ✨。部屋の中も掃除して、今日は映画を見に行ってきました。『TOY STORY 4』です!😍
私はディズニー映画の中ではダントツに『TOY STORY』シリーズが好き!!💓まさかの新作発表からあっという間に公開まで来た気がするなあ。もうすぐ夏休みに入るから子供で混み混みになる前にとっとと行ってこようという算段です。ネットで席は予約してあったので余裕で亀有のシネコンへ。

 

ネタバレしたくないので詳しく書けませんが…ウッディ!!!😨そんな!💦でもそうあって欲しかった気もする!これで正真正銘ラストかなあ・・・?😭
予想外の展開でした。そして最初から最後までおもちゃたちの葛藤と子供を思う真摯な気持ちに泣かされましたよ。💘途中でホラー味あって笑えたけど(だったらチャッキーも出て欲しかったような?w)最終的には全員HAPPYな着地点でエンディング。文句無し!!💯
ジョン・ラセターがセクハラ問題で居なくなってしまってどうなるかと思ったけど、今まで通りのTOY STORYワールドは揺るぎなく受け継がれていたので良かったです。大体のディズニー作品のギャグシーンはアメリカンセンスで面白く感じないんだけど、TOY STORYシリーズはちょうどいい塩梅なのよね。👍 多少ブラックというかシニカルさも感じられるからかな?(ギャグならイルミネーション社のミニオンシリーズは私にはめっちゃツボです。ミニオン達がとにかく笑える〜🤣。ちょっと下品だったりカラッとしてるのが良いのよね)
今回はヒロインのボー・プープがとっても素敵でかっこ良かった!男らしいけど身勝手なウッディのダメな部分もちゃんと指摘しつつ、プライドを傷つけないようにフォローするとか、完璧かい!💕それからチョコレートプラネットの二人がぬいぐるみの声優をやってるんだけど、流行りの人が無理やりゲストって感じでは無くてとっても上手でした!!👍 結構出番があって、台詞も多かったけど(下手したらバズよりも有ったかも?)ドンピシャでした。感心しました。

 

面白いもの見ていい気分♪でその後バーゲン巡りしてしまいました。面白Tシャツとか買っちゃったのは、完全に映画のノリを引きずっていたせいだわw ただ、アリオを出て隣の亀有香取神社でケーキを買って帰ろう!と思ったら、お休みだったのが残念でした。😖💦何でも世界的なコンクールで賞を取ったパティシエが神社の中でケーキショップを開いたそうで、今日亀有に来たのはこのためだったと言っても過言では無かったのですが。。。。 ちゃんと下調べしとけ、自分!👊

 

お賽銭箱の上にw
亀有だけに亀が沢山いる香取神社ですが、お賽銭箱の上にも4匹いました。(写真の右の方にも一匹います)狛犬ならぬ狛亀もいますヨ。   ⛄
| 21:04 | 映画 | comments(0) |
映画『海獣の子供』観てきました
(がっつりネタバレです!)
たまたまトレイラーを見て映像美に惹かれて新宿まで見に行ってきました。点数をつけるなら 映像95点 ストーリー50点 でした。
映像は本当に素晴らしかったです!!!!👏👏👏 物語序盤の水彩タッチとアニメーションのライン(もちろん3Dではなく日本伝統の手で描く線画アニメ) のアコースティックな感じ。色彩の個性的なトーンはどうやって統一したのかなぁ。一人の人が全部描いてるのかと思わせるような、画集みたいな背景画が素敵😍。最近のアニメ映画だと写真をそのまま描き起こしたようなリアルな背景がウケてるみたいだけど、そういう意味では写真の影はちらついたけど、十分に個性的でした。夏休みのキラキラした空気感の描写、ドキドキしながら見入ってしまいした。(トーテムポールのカットは1回で良かったんじゃ?🤔)
そして水族館のシーン、海の描写、水の中、水のスピード、生き物たちのド迫力、どれも見たことの無いレベルでした!!👀そしてクライマックスのCG盛り盛りの宇宙なシーンも美しかった。。。。✨
なのに、肝心のストーリーが・・・💧。最初に大風呂敷広げて、煽るだけ煽って、ポエムでごまかして終了・・・。って感じでした。少なくとも私みたいなおばさんでたっくさんのマンガやら映画を見てきているキャリアの持ち主(笑)には、先が見えてしまってね・・・。『・・・だと思った』じゃありませんように😖💦と思って見てたんだけど。
原作のマンガを読んでないので、これが元々そういうオチなのか分からないんですけど、最初に広げ過ぎないで2人の謎の子供との交流だけでも十分素晴らしい映画になった気がするんだけどな😓。生命の神秘とか宇宙の謎とか地球の秘密を嗅ぎつけたっていうテーマ、アニメ映画でもう一切禁止ね!!!👎😤クライマックスシーンは『2001年宇宙の旅』かと思いました。おまけにクライマックスなのに眠くなったもん。
あとキャラクターの扱いも中途半端です。両親の不仲のシーンで始まったのに、それに対応する説明と和解のドラマシーンがほぼ無い(セリフのみ)。ジムという人は悪い人と繋がってたっぽいのに数シーンだけで終了。アングラードって人も思わせぶりに出てきたけど、劇中で何の行動もせず、何でも解ってるような顔をしてポエムな台詞を吐いてるだけ・・・。この人も含めてキャラクターの顔がほぼ同じ女顔で混乱したしー。まあ、他にも色々突っ込みたいところあるけど、きりがないので止めます。
うーん、非常に残念な映画でした😢。ただ映像美は本当に素晴らしいので、ただだら〜っと映ってるのを見るだけでも癒されるかも。水族館に行きたくなります(特にえのすいにw)。

 

夜はまたまたサッカー!⚽準決勝に進んだトゥーロン大会のU22🎌の面々、強敵メキシコ相手にがっつりぶつかって勝ちました!!😍 (正確には2−2のドロー、PK戦での勝利です) 先制されたときはダメかな…💦と思ったら凄いシュートで追いついた!そしたらまたうっかり失点してリードされ、やっぱりだめか…💦、寝よっかなと思った試合終了直前の88分くらいにカウンターからのシュートで追いついたーー!!👏 PKも制していよいよ決勝です!相手はブラジル!!相当強いらしいので勝てる気しないけど、やれるとこまでやって目立って終わろう!!   ⛄
| 23:04 | 映画 | comments(0) |
『ファンタビ2』観てきました
🎞本当は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』って言うんですけど、長すぎる!それに続き作る気満々なラストだったので、もう2でいいじゃん?って言う感じです。
まだ観てない人が多いと思うので、ネタバレにならない程度に感想を書くと、すっかりダークなストーリーで主役はジョニー・デップ。伸び伸びと極悪だけど魅力的な魔法使いを演じてました。私はエディ・レッドメインのファン💓なので、もっとニュートが活躍するところ見たかったし、何でターコイズ色のコート止めちゃったんだよ!?💦って不満が。魔法がさく裂のシーン以外は全体が暗いので、あのターコイズ色が凄く魅力的で目立っていたのに今回はグレーなんだもん。。。。 主役を目立たせないためですか?うーむ😓。それでもニュートの出てくるシーンはいい感じに空気がぬるくなって良かったです。若き日のダンブルドア先生役のジュード・ロウもはまり役でとってもカッコ良かったけど、何でスーツなんだ?ハリー・ポッターシリーズでダンブルドア先生は凝った造りの派手✨なローブが衣装な訳で、せめて学校の中ではあの魔法使いらしい衣装着ていて欲しかったな。。。(ジュード・ロウが嫌がったんじゃなかろーか) 作品全体はハリー・ポッターの前日譚らしく、シリーズ縁の人たちのご先祖が色々出てくるので、家に戻ってもう一回読み直して人物関係をしっかり把握したい!!と思うことしきりでした。(ちなみにニュートはハッフルパフ出身でした!)
1では人物紹介みたいな感じで楽しいシーンも多かったのに、今回の2はずーっと重苦しく、魔法のシーンも誰かをやっつけるためのものが多くて子供やファミリー向けではないです。ハリポタがシリーズ後半に魔法戦争みたいになっても楽しく見れたのは、主人公を含め子供のころから見てきたキャラクターの成長と謎解きが魅力的だったから。ただの魔法戦争の映画じゃマーベル映画と変わんないんじゃん?って思ってしまうので、イマイチのめりこめないなぁ・・・・💧。3は遂にダンブルドアとグリンデルバルトの対決?それともニュートとクレデンスの対決が先?それだけじゃハリポタシリーズのおまけ以上にならないような気がするけど。

 

映画の後は予定通りLOFTに寄って来年のスケジュール帳📒を買いました。今年は悩まずすんなり変えました。だって兼ねてからの希望通り表紙(カバー無し)の中身のリフィルだけ買えたから!!👍毎年要らないカバーに無駄にお金がかかってるのが嫌だったんだもん。(私はビニールのカバーの中に自分好みの写真や絵を貼ってるのです)しかも初めて見たタイプの週の横の自由スペースがめちゃ広いデザイン。使い易かったら来年もこれにしたいくらい今の所気に入ってます。カレンダーもシャンシャン🐼のを買って、11月始まりのだったからもう飾ってるし!(笑) 着々と来年に向けて準備中。あとは年賀状と大掃除のスケジュールだな!イノシシ🐗が可愛くないので亥年の度に頭を悩ませますが、今年のは絵の部分がほぼ無いというイラストレーターにあるまじきデザインです・・・・。   ⛄


 
| 22:28 | 映画 | comments(0) |
映画『インクレディブルファミリー』観てきました

☂今日はFくんと新宿で約束していたけど、台風が近づいて来ていたので、予定の時間をちょっと早めることになりました。映画館は満員でした。私はアニメは吹き替えで観る派(字を読むより絵の動きをよく見たいので)なので、子供多いかなぁ?と思ったらそれほどでもなく。(地元のシネコンとかは違うかも)スーがカナダでもう観て、1の方が良かった!って言ってたけど、私は始まって早々から引きずり込まれてめちゃくちゃ面白かったです!!🤩👍💘前回の物語の最終に現れた敵に向かうという、完全な続きからという演出もアニメだからこそ可能だし、スーパーファミリーの戦いは前回よりグレードアップしていました。中でもママのイラスティガールがバイクに乗ってのアクションシーン、最高でした!!💘💓監督のブラッド・バードは前作『Mr.インクレディブル』の後、『ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコル』の監督に抜擢され、その経験もあってかアクションシーンが飛躍的にカッコ良いです!アイデアに溢れ、ぎりぎりまで観客を焦らせる演出も本当に洗練されてました。

そして彼の作品が素晴らしいのはアクションだけを見せたい人ではない所。キャラ設定がちゃんと人間臭いのです。卑屈な所を持ってるヒーロー、子供らしさにあふれたやんちゃさ、いじいじした女の子だったり、妻の活躍が素直に喜べない夫だったり、力は凄いが自分の間違いは認め無い融通の無さ等、主役じゃない登場人物にまでよく目が届いていて、心に留まり続けます。(最近のアニメや漫画はキャラ設定が単細胞過ぎ。複雑に見えて一周回ってベタ)

そしてストーリーも何も考えずに見たら、単純明快で望ましい所に着地したように見えるけど、キャラそれぞれの主張と世界を作る流れにそっとモノ申す控えめで揺るぎない制作側の主張がいい感じにミックスされてて感心しました🙂。お互いをもっとよく知って気持ちに寄り添っていけば、大抵のことは解決できる、超能力が有ろうが、無かろうが。そんなテーマの優しさにグッときました。見てた子供たちは分かんないかもなぁ。人生経験がある人の方がこの作品の本当の魅力を感じ取れるかもね。単純にアクション映画としても抜群に面白いと思うので、映画館の大画面で見るの、お勧めです♬ 上映中Fくんが微動だにしてなかったので、寝てるのかと思ったら、釘付けだったんだって!(笑)😁 私も今期見た中で一番だと思います。同時上映の肉まん太郎?のミニ映画も良かったです!

 


待ち合わせはビックロだったので、早めに来てwacomの最新タブレットを見て、なんだったら小さいタブレットを買ってとりあえずの仕事に使おうかな?と思ったんだけど。。。。『高い、高すぎる!!!!!!😱💦💦💦』もちろん私の愛機は旧時代のものだという自覚があったけど、最新のは薄さといいシルエットといい同じような性能のものとは思えない。私のは21インチだけど同じサイズは無くて一番大きな液晶タブレットは24インチ→30万以上・・・💧。4Kなんて必要ないんだけど!?その下が16インチでこれが19万くらい。今使ってるのより小さいのは絶対使い難く感じるでしょう・・・💧。液タブは諦めて普通のタブレットで我慢しようかと思ったら、B5サイズくらいの大きさでも2万円弱・・・。とても決められないという悲しみというか、憂鬱
Fくんが来たので映画の前にお昼を食べに行って、そこでPC騒動について愚痴ったら「新しいの買いなさい」と言われました。私はまだ今のを何とか直して使おうとしてたけど、そんなにあっさり同業者に言われると、気持ちがぐらつきました。確かに高い買い物だけど、いつかは壊れるんだから前倒しになったと思えば?というのも納得で。私にとっては突然降りかかった災難だけど、いつかはこの日が来るのは既定路線な訳です。先日の大雨で家が埋まった人たちのことを考えたら、これぐらいの出費は大したことないか。。。。とも思えてきました。
さて家に帰ってきて、低スペック過ぎてロクに動かないノーパソ&不慣れなタブレットで仕事をやっていたらストレス?で胃が痛くなってきてしまいました🤢。そしてダンナに「液晶だって寿命があるんだぞ。お前のやつもそろそろじゃないの?」と言われ、ネットで色々調べてみたら、確かに今ここで直す事ができたとしても、近いうちにダメになる可能性も高い事を痛感しました。何より液晶は劣化すると明るさが足りなくなってくるらしく、気が付かないうちにやけに白っぽい絵を描いて提出する事になるかもしれない・・・💀。潮時かもね。しかし24インチと16インチどっちも私にとってイマイチだから決められず、ネットのお勧め記事を色々読んで、決定しました。そのまま真夜中にポチりました。さて、どうなる???仕事は間に合う?   ⛄
| 23:26 | 映画 | comments(0) |
映画『ワンダー 君は太陽』観てきました
🚗昨日スーが免許合宿に出発して、家の中が少しだけガランとした感じですがちょっとだけ気が楽でもあり?今日は久しぶりに映画を見に行ってきました。見たい映画がいくつかあるんだけど、これが最初に終わりそうだからと思ったら、日比谷では満杯でした!👀(レディースデイだからか、ミッドタウン日比谷だからか奥様だらけ)
📕原作は児童書のベストセラーなので以前読んだことがありました。主人公のオギーは顔の造形がぐちゃぐちゃになって生まれ、そのせいで外に出るときは大きなヘルメットをかぶって隠し、勉強は家でママとの自宅学習で11歳になりました。しかしママが彼のこれからを思い、5年生から小学校に初めて通うことにします。当然子どもたちは容赦なくオギーを仲間はずれにし、学校生活は困難に思えましたが・・・。とても明るくて家族の太陽であるオギーの物語だけではなく、お姉さん、そしてその友達の物語も平行して描かれて、単純な物語ではないので、いろんな人達に何らかの感動を与えるお話です。泣くかと思ったけど(両隣の奥様もちょっと前にこの映画を見たスーも泣いてたし)、原作がもっと深く突っ込まれた世界を描いていたので、綺麗にまとめた風に感じてしまって、私には物足りなかったです。もちろん映画だけでも原作者の言いたいことはキチンと描かれていたので、本を読むまでもなく色々考えさせられるのは間違いなし。特に子どもたちにはぜひ見てほしい。(もちろんこれから親になる人にも)そしてもし興味がわいたら、原作も読んで登場人物それぞれのひりついた心の揺れを味わって欲しいな〜。映画版では私のお気に入りキャラだったサマーと担任の先生がサラッとした扱いで、大女優ジュリア・ロバーツ演じる素敵ママにスポットが当たってしまうのもしょうがないけどね〜。

 

初めて来ました、ミッドタウン日比谷。建物も中のお店も格好良いのだけど、'それなり'に高いよ〜💦 でもGINZA6よりマシかな?雑貨屋さんでペンを買って、地下のパン屋さんで昼食を取りました。普通フードコートって”早い安い”なお店が集合してるんだけど、ランチでも1200円が基本よ?みたいな感じでビビってしまう😨。友達と一緒ならお出かけだし奮発するか!となるけど、一人でぶらつくなら適当でいいもの、私なんて。その中でパン屋はまだコスト的に余裕があったのでイートインで食べました。実はかなり高いパンばかりだったけど!でもめちゃくちゃ美味しかった!!!💕高いの納得の味でした。

その後こちらもお色直しした日比谷シャンテに入ってみました。OL御用達のイメージでいつもスルーだったけど、何だ結構カジュアルでメンズも入ってるのね。そして本屋&雑貨屋がコンセプトショップ展開してて面白かったです。本屋としては量的に物足りないけど、ビレヴァンの大人向けみたいな感じ。そしてまたここでもペンを買ってしまう・・・・😆。書きやすいペンに目が無いとは言え・・・・
ようやく涼しくなって、街歩きも捗ります。願わくばこの程度の気温でしばらくお願いしたいもんです。⛄
| 20:11 | 映画 | comments(0) |
映画『モリのいる場所』観てきました

panda 暇になったので久し振りに映画見に行ってきました。シネスィッチ銀座で12時半頃の回を観ようとしたら、ずらりと行列が!エッ?!ひやひや しかもご老人ばかり〜!理由はよく分からないけどめちゃ混み!汗お目当ての回は立ち見ならokって事だったけど「キツイ〜〜汗(千鳥のノブの声で)」と即次の回のチケットを購入しました。

急に2時間くらい暇になってどうしようかなぁ?と考えたんだけど、結局お茶して時間を潰すことに。マロニエゲートの地下のタリーズコーヒーに入ってボーっとしてました。それにしてもさすがOL御用達デパートですね。小綺麗なOLさんの多いこと!適度な明るさでツヤツヤの髪、柔らかい素材のスカート、色付きではないストッキングにヒールかわいい。銀座らしさ(?)を味わいました。その後あまり遠くに行かずに…と思って交通会館の『どさんこプラザ』でB級懐かしお菓子を幾つか購入。『赤いサイロ』はまだ即売り切れになる状態みたい!!ここも相変わらず混み混みでした。
ようやく2時過ぎの回の時間も近づいたので映画館に戻ると、まだ行列が!!びっくり 夜の回まで全部売り切れなんじゃ・・・?最近あちこちの映画館が潰れるニュースを聞くんだけど、シネスィッチ銀座は文芸好きシニアに特化したプログラム構成で生き残りそうです。座っていても前後左右の頭の毛がほぼグレーでした(笑)。私もシニアに片足突っ込んでるお仲間だしねぇw

 

映画は熊谷守一という画家の夫婦の日常を描いた、くすくす笑えるほのぼのドラマでした。タイトルの”モリ”というのは守一(もりかず)のモリで、モリ役の山崎努の偏屈爺さんの演技が素晴らしかったです。94歳の役で、山崎さんはずっと若いんだけど、ゆっくりとしてガクガクしてる爺さんの動きや、我がままで気の強い感じが”らしさ”満点で、偏屈なんだけどなんか可愛く見えるんだよね。奥さん役の樹木希林はいつもの樹木希林でそのまんま。演技派だと思ってたけど、いつも同じってことは『寺内貫太郎一家』から進歩無しって事なんだろうか?
有名画家なのでこの老夫婦(お手伝いで姪の中年女性も住んでる)の家には、沢山の人が訪れます。それぞれに思惑があるんだけど、マイペースなモリにいつの間にかかわされて、そしてこの場所が気に入っちゃうみたいな不思議な家なのでした。モリは30年間庭から出ていない(いつも庭を散歩して生き物の観察をしている)のですが、それをみんなに突っ込まれたら一人でこっそり家を出て、道端に居た小学生の女の子と目が合って走って逃げ帰るところが面白かったですw!のんびりした時間を味わうような映画でした(NHK-BSの『世界ネコ歩き』見てるみたいなw)。絵を描いてるシーンが全然無くてちょっと物足りなかったけど、画家としてのモリより、94歳の人間として生きている光景を描きたかったのかな?ちょっとシュールなBGMがピタリとはまっていてそこも良かったです。   雪

 

| 20:49 | 映画 | comments(0) |
映画『The Shape Of Water』観てきました

見る 元々好きなギレルモ・デル・トロ監督の最新作がアカデミー賞を取っちゃった!見に行かないとな!と思ってるうちに、近所では夜の部しかなくなってしまったので、新宿まで出かけてきました。眩しい青空と暑さも感じる春の一日 おはな。お出かけ気分を更に上げてくれます。
レディースデーのせいか若い女子が結構来ていて、朝イチの回でもまあまあ席が埋まっていました。お話はおとぎ話のようなラブストーリー。舞台は60年代のアメリカで全体的に暗くて甘くてロマンチック。私の好きな青みがかったグリーンがテーマカラーとなっていて、色んなものが緑色で彩られてます。ライト、主人公の洋服、エプロン、まずいケーキ、悪役の車、そいつの好きな飴、水の色、そしてなんと言ってもヒロインの相手役の魚人(魚神?後姿が特にセクシー)は気持ちが昂ると体が青緑色に発光するのです・・・。薄汚れた暗い背景の中で発光する青い光は本当に美しかったぴかぴかです。。。所々の露骨にエロいシーン、際どくグロいシーンがデル・トロ監督らしくて、ストレートすぎるラブストーリーの中にリアルさをぶち込んできましたが、ストーリー的には破綻が無く最後まで甘いハート大小 映画でした。
そこが物足りなかったよ〜〜!モゴモゴ キャラクターデザインは素晴らしく、絵も綺麗、でも月並みなお話のマンガを読んでるようで、サブカル好きの私としては残念汗と言わざるを得ない。これで大きな賞なんて取っちゃったら、後は大作路線に行くしかなくなるなあ。うーん・・・・あせあせ。でもこれで一般的な映画ファンに認知されて、ちょっと変わったテイストの作家として生き残っていくのに、名刺になるような映画に出来上がったことは間違い無いです!私が『子供っぽい話になっちゃったのが・・・がく〜 』と思いながら出口に向かって歩いていたら、隣を歩いていた大学生位の女の子たちが、「大人の映画だった・・・」って話しているのが聞こえて愕然!!自分は何て年を取ったのだろう・・・・唖然
(余談ですが、主人公と仲の良いゼルダさんがひどい目に合わなくて良かった〜〜 あの人が私の一番お気に入りのキャラ)

 

外に出て、お昼ご飯を食べてから花園神社に向かいました。赤い社殿や鳥居が青空と白い桜に彩られてとても美しかったです。今日は綺麗な物をいっぱい見たわ〜!!ときめき 例えおみくじが小吉でもnice day!   雪

 

 

 

| 16:30 | 映画 | comments(0) |
| 1/5PAGES | >>