<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
緑と青と

🚗今日は帰省したらいつも会う高校時代の友人aちゃんとドライブに行きました。今日は天気もすこぶる良くて、陽ざしがきついくらいだけど気温はちょうどいい感じ。
駅に着くと海から上がってくるガス(霧)が白く低い雲のようできれいでした。汽車の中のイスが新しくふかふかになっていてちょっとびっくりしました。お金も無いのに…JR北海道ってば…(涙)。

 

霧のことガスと言います


ドライブの行き先は標茶町の塘路湖という湖です。そう言えば私、高1の夏休みに部活の数人と自転車でここまでキャンプしに来たんだった!!もの凄く久し振りに思い出しました!!若さってすごいね!😅 自分の体力とか何も考えずに参加したんだった。しかも美術部というThe文化系なのに釧路から自転車で・・・。(車で小一時間の距離です)確かOBでよく部に遊びに来ていたAサンにそそのかされたんだよネ(笑) 今思えば本人浪人中だったから息抜きに付き合わされたのかな??w でもすごく楽しかったから良い思い出です。Aサン元気かなぁ〜?😚
aちゃんのお気に入りのお店、手作り雑貨とコーヒーのお店で一服。こんな田舎でやってけるのかしらと心配になるけど、お店も可愛くて、消しゴムハンコで作ってるという雑貨や、ダンナさんの木工製品もとてもオシャレでした!可愛いわんこも居て理想的じゃない!?私はコーヒーを自分のカーディガンにこぼすという失敗をしました・・・。あうぅぅぅ〜💦💦💦
そこを出た後博物館に寄って、湖のほとりを少し散歩しました。昔キャンプに来た時よりとてもきれいに整備されていて、確か私たちは手漕ぎのボートに乗ったはずだけど、カヌーが借りられるようになっていました。その後また少し走って人気のカフェレストランでパスタとピザ食べて、愚痴言ったり笑ったりして楽しい時間を過ごしました。新緑の山々はとても美しくて最高のドライブ日和。楽しい一日になりました。   ⛄

 

数十年ぶりに来ました

久し振りに帰る

🛫暑い東京から冷涼な釧路へ飛び立ちました。到着したのは夕方6時くらいだったんだけど、光の加減が東京で言うなら4時半くらいのような明るさで(後で調べた所によると、緯度が高いので東京より日が長いんだって。もちろん冬は日が短い)しかもグッと涼しかったので慌てて上着をはおって、『もうすぐ秋だなぁ…』なんて晩夏の感覚が頭の中に。おっと、夏も未だでした!w😅
家に着くとすっかり小さく細くなった母が出迎えてくれました。思ってたより元気で一安心。TVでナイターの後『科捜研の女』。ウン、実家だw。その後は全仏テニス!!明日からは家の片づけ&手伝いです。   ⛄

 

かわいいです!

 

家の近所に親子のポニーがいました。生まれたばかりの仔馬がすごく可愛い。去年見かけたポニーの子供かな?レトリバーくらいの大きさなのです!!

 

帰省します

お土産買うの楽しい

5月30日〜6月4日まで北海道に帰省します。

ご用件のある方はメールでご連絡ください。m(_ _)m

 

しばらくブログ更新もしないと思いますので、よろしくお願いします。

 

**みながわ こう**

令和初の・・・

🎌何でもかんでも”令和初”と枕詞がつくのもなんだかな〜と思いつつ、それもここ1週間程度しか使えないよね?じゃ、いっか。🤩
私のお初、「海だよ〜〜〜〜〜〜!」

綺麗な海です

 

今日は電車に乗って逗子まで行って来ました!!なんてGWらしいお出かけ!😆 ダンナに案内してもらって小さな商店街を通り、住宅街を抜けるときれいな海岸に出ました。浜っ子の私にとって、潮騒の音も香りも光る海の色も足元を濡らす波も全てがウキウキの素なのです。今日は天気もいいし、私は早速リュックからサンダルを出して、ズボンの裾をまくり上げ波打ち際へ。つ、冷たい!!💦しかしそれでも気持ち良さの方が勝ちます。遠くに見える沖合には白いヨットが沢山乗り出していて、すぐ目の前でもヨットやらサップ(サーフボードの上に立ってパドルで進む遊び)やら、セレブな人たちが沢山いて思い思いに海で遊んでいました。浜辺の後方ではオシャレなテントが沢山建っていて何かイベントしたり食べたりできるようでした。バーベキューはもちろん、青空の下でヨガしている人たちも(男性も沢山)居たりして、さすが逗子の海はオシャレっすなー!😅しばらく海を眺めた後歩いて葉山マリーナの方に向かいました。
マリーナへの道すがらも小さな岩場のある入江がいくつかあって、ボートに乗ったり釣りをする地元のおじさんもいます。釣りキチのうちの父もここに来たら興奮するだろうな〜。マリーナは立派なヨットが沢山泊まっていて、部外者には敷居が高い感じ。

私は元々葉山の海岸が大好き&神奈川県立美術館の葉山館に行きたかったので、バスに乗って海岸に向かいました。車が行きかうのがやっとの細い道をくねくねとバスは進み、窓から見てると小さないい雰囲気のお店が結構あって、降りて歩きたい気持ちにもなりましたが、歩道がめちゃくちゃ狭くて車にぶつかりそうで怖いのです!!😱良い所だけどここに住むのは大変!💦

 

コンニチハ!

イサム・ノグチ ”こけし”がお出迎え

 

ようやく美術館につきました。ここは前にも来たことがあるんだけどキュレーターの趣味が良く(てか私好み🧡)、展示に外れがないのです。そして今日のお目当ては『ポーランド・ポスター展』です。戦争で国を何度も分断された過去があるせいか、全体的に暗く陰鬱であるけど、はっきりとした強い意志を持つ作品が多くてとても面白かったです。ポップなのはビートルズのイエローサブマリン(アニメ映画)のタッチぽかったりするんだけど、色味がきつく、とても能天気な彩度の高い色なんて使えないの…って感じで圧が強い!!でもそれがカッコいい!!👍ジミヘンのポスター素敵!!😍 サイトには載ってないけど、モノトーンのちょっとグロテスクなシリーズも良かったな。

 

大満足で外に出て美術館横の道を降りて御用邸前の静かな海岸に出ました。ここにもGWといいお天気のおかげで沢山の人が遊びに来ていましたが、不思議とピュアっていうか、悪意の無い平和な雰囲気が満ちていて、海の色も私の好きなアクアグリーンに透き通っていて最高に素敵な場所なのでした。✨ すぐ隣の逗子とは違う、この穏やかで現世離れしたムードは何なんだろう?御用邸の醸し出す伝統的な高貴さのせい?貸しボートもあったし、サーフィンの教室もやってたし、普通の浜辺なんだけどね。。。。 家族連れが沢山来ていて子供たちが岩場でカニを取るのに夢中になっています。その横をすり抜けて、四角い堤防の上で釣りをする人たちの横でしばらくぼーっと波を見ていました。幸せだ・・・💓
ダンナがお腹がすいたというので逗子駅まで戻ることにして、バスに乗り込むと途中からめちゃ混みになり、おまけにさっきまで雲があっても青空だったのに急に黒雲がやってきて、駅に着いたらザーッと一気に雨が降ってきたのでした!早めに海を後にしたけどツイていた!👍   ⛄

 

楽しい海です

Drive A Go Go!!
🚗今日は3度目の正直、スーの運転で初ドライブです。行先は急遽那須に変更。遠いぞ〜😅。早起きしてレンタカーを借りて栃木へ出発!!正直スーの運転には不安しかなかったけど、何回も友達の車だったりレンタカーで出かけていたので、訓練積んだはず!と信じる私とダンナ。最初にカーナビの使い方に戸惑って(スー曰く「カーナビの種類によって操作が微妙に違うんだもん」😗)間違った道に入り込んだりしましたが、高速に乗ってしまえばあとはひたすらまっすぐ。パラついていた雨も群馬に入るころには止んで、何とか1日持ちそうです。

 

最初に店長(スーの元バイト先の)お勧めの『おしらじの滝』という所に行くことに。知る人ぞ知る場所らしくナビには載ってません。住所を入力してナビの言う通りに山道を進んできましたが、どう考えても違う行き止まりの山の中で「到着しました」の声が・・・・👀。たまたまおじいさんが散歩してて(あんな山の中で人に会ったのは後から考えると奇跡!!)、尋ねたらこの辺に滝は無いとのこと。ナビ〜〜〜〜!💢そこでgoogle mapで検索すると道が分かったのですが電波が弱い〜〜💦。教えてもらった公道に出てようやくしゃっきり繋がるようになったので、google mapを頼りにグネグネ道をひたすら上へ登りました。私は車酔いする質なので辛かった。。。。🤢💦小さな駐車場を発見!ようやく目的地に着きました。

駐車場の脇に獣道のような下り道があって、雨の後で地面がぬるぬるする中、木の根に足を取られてこけないように必死に下りていきました。すると岩がゴロゴロした小さな沢に出て、岩の横を見ると青い青い水たまりが!!!👀そして白いしぶきをあげて流れ落ちてくる小さな滝がそこにあったのでした。う、美しい・・・✨。なんて澄んだブルーなんでしょう!!✨滝壺はクリアーな青い色に染まってひたすら清らかでした。観光客と写真愛好家が数人ずついて、人が多すぎでも無く、秘境にふさわしい佇まいの滝でした。そして問題は帰り道。足場の悪い細道をぜぇぜぇはぁはぁ言いながら登りました。周りのうっそうとした森の様子も素敵だったのに眺める余裕なし!w

青い色が本当に美しかった

 

*後で知ったのですが、この滝は乾季には水が枯れるそうです。長雨の後だったからこそ見られたらしい!ラッキー♪

 

そして今度は反対側のグネグネ道を車で降りて行きました。私はあともう少しで吐きそうになるほどしんどかった💀。運転してたスーも気が休まらなくて辛かったらしい😱。滝は素晴らしかったけど、あのグネグネ道はもう2度と行きたくないです・・・。

 

この後は那須観光の中心地の方に向かって車を走らせました。リンゴ畑が沢山あって可愛いなぁと思ったら、那須高原の辺りはやたらオシャレなパン屋さんだのレストランだのカフェだのお土産屋さんだのがあってビックリでした。この辺がこんな風に開発されてるなんて全然知らなかったけど、これなら立ち寄るお店には困らなさそうです。その中の古民家を改造した和食屋さんでご飯を食べました。ネットでは高評価のお店でしたが、我々はそこまででもない…よね?という感想でした。w 
次は私のリクエストでそこからほど近い『アルパカ牧場』に行きました。本当は茶臼岳とか登って紅葉を楽しみたかったんだけど、この時期異様に混んでいて駐車場も見つけられないというので諦めてアルパカとご対面にしたんだけど、アルパカたちは夏前のカットからまだ毛が伸びておらず、全く可愛くない!!ガーン・・・・💦💦💦。何百頭も飼ってるようで色んな種類がいたんだけどね、全員毛が無い・・・💧 モフモフで和みたかった。もし行くなら春がいいですよ。。。。

毛が無いと不幸そうに見えるの…

 

おかしかったのはアルパカ牧場の駐車場が空いていたので、突然ダンナとスーが縦列駐車の練習を始めたこと。とにかく縦列駐車がへたくそなスーにダンナが業を煮やし(ダンナ:ペーパー✨ゴールド免許w)かれこれ20分くらい特訓やってました。牧場の人たちは???だったでしょうね(笑)。それでも大して上手くならず、その後も駐車するたびにもめるので大変でした。こればっかりは場数をこなさないと慣れないだろうなぁ(センスの問題もあるけど)。土地の余ってるオーストラリアの駐車場は縦列駐車なんて面倒くさい技をしなくてもいいだろうから、また来年帰国したら特訓です。

 

そのあとはスーの希望でフラワーパークに行って花の写真を撮り、佐野ラーメンを食べて帰路に着きました。車を19時までに返さないといけなかったので時間との戦いでもあります。駐車はドヘタなスーですが、高速ドライブでは落ち着いたハンドルさばきを見せて感心しました。👏夕焼けも終わって東京に入るころには辺りはすっかり夜。きらめく街明かり、浮き上がるスカイツリー、川面に映る光の数々。東京は大都会だなぁ✨と改めて見入ってしまいました。普段車に乗らないのでこんな夜景を車から眺めることも余り無く、いいもの見た嬉しさとスーが大人になったという実感に複雑な高まりを感じました。渋滞も大して無く無事にレンタカーを返して旅も終了。色々あったけど非日常が楽しい1日でした。スーさん、プランニングと運転、ご苦労様でした!!👍🧡💙しかし車の旅はお金がかかるねー!!💦特に高速代があんなにかかるとは知らなかったです。   ⛄

夏の終わりの帰省 4

それなりに楽しい休暇でした

ソファーはソール(猫)の物らしい。私が座っていたら追い出されました

なんでもない雑草が愛らしい 野良仔馬(ウソ) 謎のキノコw 

 

😮あっという間に東京に帰る日になりました。部屋の片付けも少しだけして(でも捨てた物を「これまだ使えるっしょ」とゴミ袋から出してしまう父に苦笑💧。そうやって要らない物をため込むから物があふれてしまっているのですよ、お父さん!)母の愚痴を聞いてあげて、多少は親孝行みたいなことはできたのかなあ。私自身は涼しい気候でリフレッシュしました✨。でも帰ったらまた暑いんだろうけど。と思ったら強力台風接近で飛行機の心配が。。。😵💦 午前中の便なので大荒れのチョイ前に帰れそうと思ってましたが、空港では「台風次第では釧路に戻ってくる可能性もあります」と言われてしまいました。いや、釧路まで戻らなくても・・・。成田空港で降ろしてくれれば(笑)

飛行機はいわきのあたりからちょっと揺れましたが、無事に羽田に到着しました。それほど暑くも無く、小雨は降っていたけどほとんど濡れずに家に帰ることができました。しかしTVを見ると台風は西で猛威を振るい、関西空港は水浸し。。。😱 うわー、関西方面に帰省じゃなくて良かったー。強風が屋根を巻き上げたり看板を壊したり木をなぎ倒したり車が転がったり・・・何事もなく家でTVを見てられるなんて、私ツイてるのかもね。。。。   ⛄

夏の終わりの帰省 3

😃今日はいつも帰省すると会っている友達Aちゃんとデートでした。スーは弟夫婦と山登りの計画で昨日の夜から弟夫婦の家に泊まってました。とりあえず空はカンカン🌞に晴れたので良かったです。雨パワーは前日使い切ったか・・・w

 

JRの本数がグッと減ってしまってちょうどいい時間帯の列車が無かったので、Aちゃんにうちの近くまで迎えに来てもらって、帰りも送ってもらったので、結局一日ドライブしてたみたいな感じになりました。北海道は車が無いとますますダメね。🚗

釧路市内まで 連れて行ってもらって、釧路ではちょっと珍しい手作り感満載の可愛いカフェ🌸でお昼ごはんです。そこは春採湖を見下ろす高台の住宅地に在り、一軒家を改造して母子でやってて、小さい女の子(孫)がお出迎えしてくれました。入り口には姫りんごの木があって、童話に出てきそう💓。『にっこりカフェ』という名前で、丸い大きな窓から春採湖を望みながらALLベジタブルの料理が食べられますよ。手作りのグッズやお菓子も売ってました。Aちゃん曰く、釧路でも古民家改造したカフェとか、この頃はこだわりのお店が出来てきているらしく、人口は減り町はどんどん寂れてきているけど、楽しく過ごしたいという人たちが出てきているのはステキ💓とちょっと安心しました。

かわいいお店です♪

 

新しくなった市立図書館にも行きましたが、日曜というのにラウンジでは高校生くらいの女子がいっぱいくつろいでて、行くトコ無いんかーい!と、微笑ましかったです。私もテスト前によく行ったなぁ。勉強目的と言いつつ誰か来てないかなー💕なんてね。併設の釧路文学館では石川啄木の特集をやってましたが、70日位釧路に滞在している間に芸者さんやら食堂の子やら7〜8人と浮名を流してるんだから(妻は実家に置いてきてる)、もの寂しげな詩歌にも「ケッ!」と思わずにはいられません(笑)

 

家に帰ってしばらくすると、泥のように疲れ切ったスーと弟夫婦が戻ってきました。思ってた以上の山登り、崖渡りだったらしく、3人はやや放心状態。私付いて行かなくて正解だったわ…!!3人が行ったのは摩周岳という高さはそれほどない山で、摩周湖に沿った道を登っていくというトレッキングみたいなのを想像していたのですが、しっかり山登りだったようです。崖の道を歩いて頂上に着いたときはスーの頭の中に『グレートトラバース』のテーマソングが流れたに違いありませんw。それでも年配の人や子供も沢山登ってたらしいです。凄いなぁ!!👍   ⛄

↓前に見える崖を登ったそうです・・・😱

あの崖の上が頂上!

夏の終わりの帰省 2

🌞昨日の雨が嘘みたいに今日は朝からきれいに晴れて、陽射しが痛いくらい。午前中はスーと防波堤を港の近くまで歩いたりして、浜辺の雰囲気を懐かしみました。今は鮭のシーズンのため、釣り人が海岸の端から端まで棹をたててるので、浜辺に降りての散歩ははばかられるのです。(チッ💢)  それでもやっぱり海は落ち着くなぁ。。。。💓誰もいない海限定だけど。たいしてきれいな海じゃないけど、波が盛り上がってきて白波を散らしながら近づいて来る様をぼーっと見て和んでました。

午後にお墓参りに行って、その後妹とスーと町のお祭りを見に行ったら、猛烈な雨が!!😱This is 夕立。せっかく沢山の出店があっていい匂いもいっぱいしていたのに、お客さんは閑散・・・・💧。私たちは念のため傘を持って出たのでまだましだったけど、それでも膝までズボンがびしょ濡れで、明日どうするのさ、靴。。。。😰と、げんなりしてしまいました。雨女スーめ!!!意地でも何か食べてやる!!とチーズ工房のお店で出していたハイジパン(輪切りのパンの上にドロッと溶けたチーズが乗っかっている)は食べました。美味しかったぁ〜!💓👌

家に戻って着替えて、夕ごはんは地元の漁師レストランに予約がしてあったので、弟夫婦も呼んでキンキの鍋(激ウマ!👍🤩😍)、鯨の刺身、サンマのルイベ等々ごちそうをいただきました。北海道の海の幸堪能でした。。。。 あとはカニが有ったら!!いつもカニが出ると聞いていたので、頭の中がカニだらけになってたのに。残念〜w

 

家に戻って楽しみにしていたアジア大会男子⚽サッカー決勝を父と見ました。断固野球派の父でも代表サッカーは観るらしく、ブツブツと戦術に文句いいながらもU21選手達の奮闘を120分間楽しみました。もっと韓国チームにボコボコにやられるかと思ったけど、必死に守って0-0で前後半が終わったとき、この間のなでしこの金メダルのように、一瞬の隙をついて1点取って優勝するかも!?と頭にちらつきました。しかしそうは上手くはいかなくて、延長に入ってすぐに2点取られてしまったのは本当に残念でした😖💦。でもその後に1点取り返したからねぇ!!👍簡単に諦めない所に彼らのとてつもない進化を感じました。試合を重ねていくうちにどんどんチームとして機能してきた彼ら、今回は負けてしまったけど、一人一人が大いに成長できたに違いないです!!なんといっても銀メダルです!!🎉🙌よく頑張りました!!アッパレ!🎌それにしても韓国は相変わらずフィジカルとイキったプレイスタイルだけで、フィニッシュも雑だし見所のないチームでありました。(ソン・フンミンも聞くほど大したことないじゃん?)

アジア大会はマイナー競技でも沢山メダルを取って、東京五輪に向けてアスリート達が燃えている🔥のを強く感じました。オリンピックなんてお金の無駄だとか文句いう人がいるけど、一生懸命競技に取り組んでいる人たちにとってこれ以上無い夢の大会な訳で、それを応援したい気持ちが更に大きくなりましたよ、私は。誰かを応援してサポート出来るってすごく幸せなことですもん。   ⛄

 

白いハマナスもきれい!

ハマナスと言えば濃いピンクだけど、白も可憐で素敵。プチトマトみたいな真っ赤な実はおいしそうに見えるけど、種がびっちり詰まっててカチコチ!

夏の終わりの帰省 1

🙂今日は夕方の便で帰るので、午前中には片付け、掃除、布団干し、料理の作りおき等々やること満載で忙しかった〜!おまけに暑さが戻ってきて、34度の中でバタバタ動いていたから文字どおりの汗だく💦になりました。もうこんなびしょぬれ生活とはおさらばダゼー (6日間だけどw)

🛫リムジンバスがちょうど良いのが無かったので、早めに行く形になって2時間くらい羽田空港で時間を潰すことになっちゃったけど、一人行動は全く苦にならないので平気です。今日は雲が多くて上空に出てしまうと地上の様子は全く見えなくて残念でした。いつもは海の上を飛びながら、段々と近づいてくる海岸の稜線を眺めるのが好きなのに、着陸に向けて分厚い雲の中に入ると見えるのは窓を打つ雨粒のみ。気がつくと地面が見えて数秒でどすん!と着陸に。物足りなかったわー。飛行機を降りて空港に入ると冷え冷えとした空気にギョッ!!18度でした。。。。☔雨だからだけど、寒い・・・😰。父が迎えに来て、その後列車で到着していたスー(3日前から一人道南旅行をしていた)を駅で拾って家に向かいました。

家の様子はほとんど変わってなかったけど、母は病気の進行が思いの外進んでいた事と、ちょうど腰を痛めてしまって、一人でソファから立ち上がることも大変になっていた事にショックを受けました。以前にも増して父のやるべきことは増えていて、まさに老々介護です。父が多分よその人より丈夫な質だから普通にこなしているけど・・・・。昔の母には戻らないのは頭で分かっていたつもりだったけど、それはやはり"つもり"でしかなかったんだなぁ😢。どうしょうもないことを悩んでいても仕方ないから、せめて何か少しだけでも手伝って帰りたいなと思います。

スーは🙀猫アレルギーが過激に発症💦してしまい、鼻のムズムズ、目の痒みの他、赤い発疹まで出てきてしまい、2階に引きこもってしまいました。先が思いやられます。   ⛄

青い空と海!!!

ケーキ2 今日は私の○○歳の誕生日!家に一人でいてもつまんないのでちょっと遠くまで出掛けてきました。行先は・・・江ノ島です!!ホントに遠い〜 たらーっ 安く行こうと思ったら電車で片道2時間掛かりました!!ちょっとした旅です。

 

片瀬江ノ島駅に着くと空も海も眩しくキラキラぴかぴかしていました。なんて海日和!!揺れるハート 以前来た時(10年以上前と思われる)より駅前は整備され、平日ながら観光客も沢山。驚いたのは仲良さげなシニアのカップル(当然夫婦がほとんどでしょうね)が結構目についたこと。ダンナさんが定年で一緒に出掛けるようになった感じなのかな?街中では見かけないような和やかな雰囲気でいい感じでした。後はもちろん若いカップルや、ご老人の団体や外国人旅行客など。土日は相当混みそうです。
橋を渡って昭和な商店街を抜けてここから怒涛の階段登りが始まります。3つの神社があるので、登りながらお参りもして、どんどん上へ。

 

神社巡り

*最初の神社で水に濡らすおみくじと、興津宮でもう一回おみくじ引いたんだけど、両方小吉でした。そして思い出したけど初詣でも小吉(末吉?)で、この間花園神社に行った時も小吉だったような…!!はい、はい分かりましたよ。今年1年静かに地味〜に過ごしますヨ。

 

登り専用エスカーというエスカレーターもあるので、神社に行くだけならお年寄りでもなんとかなりますが、問題は『稚児ヶ淵』へ行く道。石の細い階段を下り続けると着く、橋とは反対側にある岩場が景勝地としても有名で、江ノ島らしい場所で凄く素敵なんだけど、その石段がきつい・・・・汗。階段を下りるという事は帰りは登るってこと!!
崖に沿って整備された道を進むと『江の島岩屋』に入る入口に突き当たります。浸食されて出来た洞窟は昔から修験の場にもなっていた霊力の漲る場所でもあり、歴史的にも色々謂れのあるところです。(私は途中で気分が悪くなってしまった…)急いで洞窟から出て下の岩場で潮風に当たると、何とも言えない解放感で来て良かった〜〜!ラブラブ と幸福感でいっぱいになりました。浜育ちの私には湿った海風がなんとも懐かしくて、ザザーンという波音がひたすら沁みました。

 

晴れて海日和

*釣り人も沢山いたけど、橋から船で10分でこれるそう。帰りの階段登りたくない人は船で帰るのがいいかも

 

さて問題の登りです。辛い〜〜〜〜!撃沈汗汗 しんどかったので登りの最初の方に有った食堂で即休憩。(ちょうどお昼の時間だったし!)海を眺められる席は占拠されてたけど、一人の私は小上がりの座敷で十分でした。ざるそば食べてまた石段上り。足が痛くなってきた・・・。この道にある店や住居はどうやって建てたんだろう?何かを持ち込むのもいちいち階段を上って降りてなのかと思うと、いくら景観が良くても私には無理だわ。お洒落な町家風カフェもあるのでデートにはいいでしょうネ。

 

ふうふうプシュー 言いながらようやく下まで下りきり、橋を渡って次は『新江ノ島水族館』に向かいます。今日のお出かけの目的の一つです。昔、古くてちょっとしょっぱい施設だったころに何回か行った事は有ったけど、新しくなってからは行けて無かったので、ずっと来てみたかったのよね。
『えのすい』は地元の相模湾を再現した展示がメインになってて、地味なんだけどなかなか学術的な水族館でしたイケテル。その他に深海生物を深海を再現した水槽で研究飼育したり、天皇陛下の論文が並べてあったり(昭和天皇は9冊も本を出されてるって!今生陛下のハゼの本もありました)、そしてもちろん『えのすい』と言えばクラゲ!!大きな水槽に色んなクラゲが浮遊しているゾーンが圧巻の美しさです!ハート大小 展示だけではなく、育てて研究している様子も展示されてます。真面目な水族館ですね〜。そして最近の水族館の人気者、チンアナゴ、ダイオウグソクムシ、コツメカワウソもちゃんと抑えてましたよ!(笑)

 

ホントに綺麗〜

*一番上のクラゲはディメンター(ハリポタ)みたい!クラゲ同士で足が絡まないのだろうか?糸みたいな細いのとか。

 

水族館を出た後は目の前の砂浜をぶらぶら。まだ水は冷たいのに子供たちが半分裸のような格好で波打ち際で遊んでいて、スーが子供の頃、臨海公園によく行ったなぁ〜とか色々懐かしく思い出されました。夕食作りのために3時過ぎには電車に乗らないと行けなかったので、もうちょっとゆっくりしたいなーと後ろ髪をひかれつつ(体力もそろそろ限界だったし、)江ノ島を後にしました。やっぱり海はいいなぁ。いい誕生日が過ごせて良かったです。   雪

 

かわゆすぎる!!

LINKS